結良輪区Y U R A L I N K ・・日々ゆらゆら・・

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Blogお引越しのお知らせ 12:51
長らく10年近く続けて来たこのblog。
突然ですが、お引越しをすることにしました。

以前から外部システムとの相性が悪い事があり、
また近頃、編集画面の使い勝手がちょっとおかしく?!(私のブラウザかPCの問題か?)
なっている点もあり、どうしたものかと考えていました。

知らず知らずのうちに、10年近く続いていたというのもあり、
次の時代へ向けて、別のサービスに移って続けてみる事にしました。

次の場所へ移っても、変わらず続けて行こうと思っているので、
どうぞよろしくお願いします。

新しい結良輪区のblogはこちら↓
http://yuralink.blog.fc2.com/
| 日々 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by yuralink
『平成25年度 カラー筆ペン夢ロゴアート講座』12月 12:06

日曜日は今年最後の 『平成25年度 カラー筆ペン夢ロゴアート講座』を行ってきました。
ようやく冬らしい気温と寒さを感じられるようになってきたので、
出足が遠のくかなぁ〜と思っていると、体調不良などで3名が欠席。
今回は少人数5名のクラスになりました。



いよいよ年賀状作成の季節となり、何を描こうか考えている方も多い時期。
少しでも年賀状のヒントになればと、今回は『文字を飾る』という事を考えてもらいました。
昨年度冬に単発の季節講座でやった内容も交えつつ、
『幸』という文字を日の出の様子に見立てて描いたり、
『福』という文字の一部に花を咲かせるようにしたり、
描き方のアイデアやヒントになるようなネタを提供してみました。

それから、午年という事で、『馬』の漢字やひらがな、数字の中に馬の姿を描きいれたり、
文字の中に馬を描きいれる、という事もやってもらいました。

今年度は3回目のクラスですが、
1回目、2回目にやった内容をすっかり忘れてしまっているかも?
と思い、1回目のはじめに、『円や点を使った文字』を書いてもらったのと、
2回目に渦巻きのような、らせん状の線を書いてもらったので、
最後に二つを合わせたような円や点、曲線を使った『迎春』という文字を即興で書いてみました。
前回『色の三原色』の話もしていたので、
シアン(水色)、マゼンタ(ピンク)、イエロー(黄)の三色を使い、
それが混ざると、緑や青や紫に近い色が出てくる事も思い出してもらいました。
インクジェットプリンターのインクの色だと気が付いた方もいましたので、
どの色が混ざると、どんな色が出てくるのか、色の組み合わせを考える、
試してみるという事を再度考えてもらえるようにしました。



最後に描いた『迎春』が気に入られた方が多かったようで、
皆さん何度もチャレンジされていました。
私も家で再度描きなおしてみましたが、
一番最初に描いた偶然の軌跡が一番よかったような気もしますが・・・

今回はクラスの最後に皆さんのテーブルをまわって、
お互いの作品を順番に見てもらうようにしましたが、
『実はこれ失敗なんです!』という作品を、
他の人は『これが素敵!』と言っている場面が多く、
案外とそういう事なのかも知れないなぁと思いました。
失敗と思わず、披露してしまう事が成功になるのも面白い事です。

| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by yuralink
【ESSE Autumnプレゼンテーション2013 in 東京會舘(5)】 22:18

先月11/20(水)、雑誌ESSEのミセスレポーターとして東京會舘へ行ってきました。
『ESSE Autumnプレゼンテーション2013』の様子については、
今週いくつかの記事にアップしていきたいと思います。
このイベントでは各企業様からのオススメ商品を開発秘話などを交えて、
直接聞くことができます。
今回出席した85名のミセスレポーターの記事は私の記事を含め、

ESSE WEBで読むことができます。

食後の休憩に、外の皇居の方の景色を眺めてみました。
前日はケネディ大使が来て、この辺りも賑わっていたんだろうなぁと想像。


 


最後は株式会社ヤクルトより、食後のデザートにぴったりの新商品の紹介がありました。




子供の頃に飲んだ事があるヤクルト。
大人になるにつれ、段々と飲む機会がなくなったのですが、
『ヤクルトでデザートを作ったら』というアイデアから『ヤクルト仕立ての大人のデザート』が誕生!
試食してみると、ヨーグルトともプリントも違う、二つの中間のような食感で、
クリーミーでほんのりヤクルトの味がする美味しさでした。
口の中がサッパリするのが良い感じでした。



 

もうひとつは、脂肪がゼロなカシス味のヤクルト『ヤクルトフルーティー』。
これも飲んでみると、後味がサッパリで、口の中に甘さが残らないのが良い感じでした。



 

このような甘い飲料のイメージは、口の中に甘さが残るというのがあったので、
口にする機会が減っていたように思います。
今はきっと、後味の研究もされていて、すっかり問題点が解消されているような気がしました。
どちらも非常に美味しく、ヤクルトのイメージが変わりました。


 

お土産にはこれまた嬉しい、コラーゲンを作る美容ドリンク『CHOBI』を頂きました。
南米原産のパフィアというハーブのエキスには、コラーゲンの生成を促進する働きがあるそうです。
この商品にはパフィアエキスが配合されていて、飲んでみると優しい甘さで、飲みやすい小さなパックです。
美容ドリンクという感じもせず、一気に飲んでしまいました。
乾燥が気になる季節なので、肌の潤いを助ける成分を取るようにしたいこの頃です。


| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by yuralink
【ESSE Autumnプレゼンテーション2013 in 東京會舘(4)】 13:15

先月11/20(水)、雑誌ESSEのミセスレポーターとして東京會舘へ行ってきました。
『ESSE Autumnプレゼンテーション2013』の様子については、
今週いくつかの記事にアップしていきたいと思います。
このイベントでは各企業様からのオススメ商品を開発秘話などを交えて、
直接聞くことができます。
今回出席した85名のミセスレポーターの記事は私の記事を含め、
ESSE WEBで読むことができます。

 

ランチ時にさしかかり、そろそろお腹がすいたなぁ〜と思っていたところ、
福島県より『天のつぶ』というお米のPRがありました。 




塩むすび、醤油の焼きおにぎり、柚子味噌と大葉のおにぎりが出てきました。
添えてあるキュウリの浅漬けは、PR担当の女性が前日に漬けたそうです。
冷めても美味しい粒の大きなお米だそうで、お弁当などにも適しているようです。




福島県では原発事故以来、食品の安全性を確認する作業が続いています。
危険な物は県外へ出さないよう、細心の注意を払って、お米は全袋検査を行っています。
どのように全袋検査が行われているのか、ミニチュアで説明頂きました。
30kgの米袋をひとつひとつ空気で吸い上げて運び、
ベルトコンベアーの検査機を通していくそうです。
重たい米袋、ひとつひとつ、シルバー人材の方たちなどが検査を行っていて、
一部検査ではなく、全ての検査をされている東北産の食品の方が、
もしかすると安全なのかも知れないなぁという気もしました。




私の父方は福島県出身なので、福島県の事は気になりますが、
原発事故については、自分達が生きている間に処理しきれない問題として、
忘れてはいけない事のひとつだと思っています。
頂いたお土産も福島県の事を想って、大事に頂きたいと思います。


  

| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by yuralink
【ESSE Autumnプレゼンテーション2013 in 東京會舘(3)】 21:27

先週11/20(水)、雑誌ESSEのミセスレポーターとして東京會舘へ行ってきました。
『ESSE Autumnプレゼンテーション2013』の様子については、
今週いくつかの記事にアップしていきたいと思います。
このイベントでは各企業様からのオススメ商品を開発秘話などを交えて、
直接聞くことができます。
今回出席した85名のミセスレポーターの記事は私の記事を含め、

ESSE WEBで読むことができます。



続いて『トップユニット式冷蔵庫』NR-F568XGの紹介でした。
この冷蔵庫は以下の特徴があります。

●スタイリッシュでお手入れもしやすい『フルフラットガラスドア』

●約-3℃の微凍結『パーシャルフリージング』と『チルド』の切替が可能

●1日の暮らしに合わせて自動節約エコナビ運転


展示ブースでは冷蔵庫に興味がある方が多かったようで、
なかなか見る事ができませんでした。
少し家具のような、スタイリッシュなデザインで、
色が3色から選べるようになっていました。



我家はベージュ系の壁紙なので、私なら『シャンパンゴールドがいいなぁ』と
思って眺めていました。
また、観音開きのドアなのと、各引出しが細かく分かれているので、
必要な所だけが開けるのもいいと思います。
ドアの開く向きって、意外と気にせず買ってしまうような気がしますが、
レイアウト変更や引越しの際、意外と見落としていて、
反対開きだったらなーという事もあるので、観音開きなら開く幅も通常の半分程度なので、
使い勝手が良いような気がしています。
我家の場合、結婚した際に、まだまだ引っ越す可能性があったので、
どちらからも開けるタイプの冷蔵庫をお祝いに買ってもらいました。
一度買うと10年程は使える物なので、良く考えて買いたい物のひとつだと思います。



それから今回は通常のチルド室を『パーシャルフリージング』という機能に
切替えられるそうで、これがまた魅力的でした。
この冷凍方法だと、冷凍とチルドの中間くらいに凍らせる事ができ、
程よく水分が残っている状態なので、
肉や野菜をそのまま切る事ができる状態でした。
この機能を使ったレシピなども開発されていて、
新たな冷蔵庫の使い方が提案されていました。



今回はパーシャル冷凍したトマトのシャーベットが出てきましたが、
夏やパーティー料理などには使えそうです。



パナソニック株式会社からの商品は、すべて女性の担当者さんより紹介がありました。
普段、自宅での家電の使用頻度が多いのは、やっぱり女性の方が多いので、
聞いていても納得感がありました。
商品開発も女性のアイデアやニーズを拾い上げてくれている感じがして、
とってもいい印象でした。
大きな家電はしょっちゅう買い替える事はないですが、突然壊れる可能性もあるので、
最新情報を知っておくと、いざという時に役立つような気がしています。

| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by yuralink
| 1/166 | >>