結良輪区Y U R A L I N K ・・日々ゆらゆら・・

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
職人技を味わう−鈴廣超特選蒲鉾『一(はじめ)』(3) 11:07

超特選蒲鉾『一(はじめ)』の材料や製法の説明、
職人さん達による作業の実演を見せて頂いた後、特別に試食もさせて頂きました。

出てきた『一(はじめ)』は18mmの厚さで半分に切ってありました。
この厚みが一番美味しく頂けるそうです。何もつけなくても魚の味がしっかりとして、
プリップリの歯ごたえと弾力を味わえます。
試食をしながら職人さん達と直接話をできる貴重な時間を頂けました。
魚をさばくところから一級技能士が行うそうで、
全工程において手作りでこの逸品を生み出しているそうです。
全社で一丸となって取り組んでいる様子が分かり、
何かお祭りのような雰囲気がありそうだと想像しました。



『一(はじめ)』の箱の掛け紙についても工夫をしており、
毎年著名人に『一(はじめ)』の題字をお願いするそうで、
過去に書かれた著名人の方々の『一』の字が飾られていました。
ソムリエの田崎信也氏の文字(左下)はコルクで書かれ、
落款は煮詰めたワインが使われているそうです。
服部栄養専門学校の服部幸應氏の文字(左下二番目)は自分を象徴する道具として、
パンソーと言われる料理用のハケで書かれたそうです。
それぞれ『一』という文字だけで自己表現するのはとても難しそうですが、
誰が見てもあの人っぽい字だなぁと思われる字が書けたら素敵です。
今年は日本を代表するフレスコ画の第一人者、画家の絹谷幸二氏の題字となるそうです。

 

会場には他にも鈴廣さんのカラフルな蒲鉾が並んでいました。
どの商品も中身やパッケージにともて工夫を凝らしていているなぁと、いつも感じています。





私の好きな『海山のオードブル』もありました。
見た目も華やかで中に入っている素材も色々なのが楽しくて、
我家でも来客時のおつまみに出したりしています。
そろそろお歳暮の時期なので、誰かにどれかを送りたいなぁと考えています。



さて、超特選蒲鉾『一(はじめ)』は蒲鉾の日である11月15日より限定300セット、
予約販売が開始となります。届くのは年末。
一年のはじまりに親しい人々と贅沢な蒲鉾を味わうのも縁起が良さそうです。
電話のみの完全予約制となり、先着順締切となるそうです。
詳細は(株)小田原鈴廣0465−22−0001(9時〜18時)へお問い合わせ下さい。
http://www.kamaboko.com/shohin/hajime/

| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by yuralink
スポンサーサイト 11:07
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://yuralink.jugem.jp/trackback/841
<< NEW | TOP | OLD>>